セックスで2回戦したいけどどうしても出来ない時の対策方法。

キス手前

大好きな彼女や奥さんとの大好きなセックス。2回戦で満足させたい、早漏だから2回戦はこなせるようにしたい!2回戦をしたい人は色んな思いがそこにはあると思います。ただ、20代後半や30代と歳を重ねていくことで、

精力は必ず下がってしまうので、2回戦どころの話ではなくなってしまいます。

なので、対策としては今後のことも考えて精力自体を今よりも上げる努力するのが一番効果的です。1回戦をした後に少し休憩して、回復して2回戦も余裕でできるような人はそもそも精力がかなり強い人のです。

精力を上げるにはどうすればいいのか??

・筋トレをする
・精力剤を飲む

この2つです。

どこにでも書いてる内容になるのですが、これがホントに効きます。
筋トレは下がった男性ホルモンを上げてくれるので、精力をしっかり上げてくれます。これはほんとに大切なことなので重視した方がいいかと思います。

後は精力剤に関しては、アルギニンやシトルリンが沢山入ったものをチョイスすることで、精力効果や血流増強効果を得ることができるので、しっかり精力や勃起力を増強することができます。

確かに急に2回戦ができる方法ではありませんが、

しっかり続けることで、今後心配しなくていいほど精力が上がり、2回戦も余裕でできるようになりますよ。大体2ヶ月くらいで結果が出てしっかり2回戦を楽しむことができますよ^^

自律神経の乱れがセックスレスを生む!ちゃんとリラックスしてますか?

6OZP88_jojouryy500

適度なストレスは体にも精神にも必要な刺激でもあるのですが、過度なストレスは男性機能をはじめ、心身に大きな悪影響を及ぼします。。

自立神経には「交感神経」と「副交換神経」の2つがあり、両者がバランスを取ることで正常に働いてられるのですが、急な緊張やストレスを感じると活動神経である「交感神経」が優位になります。

この状況の時って例えるなら、動物が戦うか逃げるかの決断を迫られている時に似ているそうです。

逆にセックスや食事、睡眠時に働いているのは「副交換神経」です。

副交換神経に切り替わった状態の時に初めて、性欲が沸いて勃起してセックスをしたくなるのですが、現代人はあまりにも交感神経で過ごす時間が長すぎるため、ストレスを感じることが当たり前になってしまい、

交感神経から副交換神経への切り替えがスムーズに行われていない人が多くいらっしゃるそうです。残業続きの生活や仕事に追われる毎日を長く続けていると、その日だけは副交感神経に切り替わり、「夫婦の営み」に励むなどいったことは中々できないそうです。

奥さんが旦那さんにいちいち何かと注文を付けて困らせる場合も同じですよね。

自宅が第二の職場になっていませんか?一度見なおして、残業は控えめに、帰宅後はユックリできる環境を作り、ストレス発散のために運動を始めるのもいいかもしれませんね^^

 

一酸化窒素を増やして抗酸化と勃起力をアップ!

WS000004 (2)

一酸化窒素はからだの酸化を防いでくれたり、血管を拡張して血流を良くする効果を発揮する重要な働きをしてくれますね。血流アップで内臓機能も向上してくれるし、勃起力だって上げてくれる、男性にとっても必要なもの。

でも30代を超えると生成量が減少してしまうので、徐々にその働きは薄れて、体が老化したり勃起力が落ちてしまったりしてしまいます。なので30代を超えると一酸化窒素を増加させることにも注意する方が健康も勃起力も保つことができますよ^^

食事で摂取するなら「大豆」がおすすめ!アルギニンを多く含む大豆によって一酸化窒素の生成を助けることができますよ^^サプリならシトルリンが入ったものを選ぶとかなり効果的ですよ。勃起力をしっかり増強することができるし、

シトルリンの効果で沢山の一酸化窒素を生成することができます。

血液循環が悪くなると良いことなんて1つもないので、しっかり高めることも念頭に置いて食事するのもいいですし、サプリで簡単に生成力を促すのも効果的です。参考にしてください^^