テストステロンで勃起がカチカチになる原理!


634b869e64ee5d1140299de57f322a9e_s

テストステロンで勃起がカチカチになると話題ですよね?
その原理を少し調べてみたので書いていこうと思います。

テストステロンの役割は性的欲求や興奮を感じて、一酸化窒素の生成を
促し勃起させ射精する全ての行程を管理しています。

テストステロンが下がることでED症状は色濃く出てきてしまうわけですが、

逆にどんどん増やしてしまえば、全ての行程の反応は上がり、
一酸化窒素の生成や欲求も高まるので、

ペニスにしっかり血液が送られ、カッチカチのギンギンにすることができます。

よく勃起力は血液の流れが!なんて内容を見かけますが、
半分正解で半分間違いかと思います。

おしり

血流だけを良くしても直接的な精力UPには中々効果が得られず、
確かに硬くなったけどすぐ萎える・・・。といったことになり兼ねません。

ただテストステロンをしっかり上げていれば、

勃起力と持続力を上げることができますよ^^
もしカッチカチにしたいのであれば部分ではなく全体を管理している

テストステロンを上げると効果的でおすすめです。
試してみてくださいね^^

 

 

 

精力剤ゴーイングもオススメ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です