寝ても覚めても疲れが取れない!成長ホルモンの分泌不足!


WS000058

寝ても覚めても疲れが取れない!!
という方は実際に多いのではないでしょうか?

疲労回復には睡眠だ!!

なんて記事をよく見かけますが、「実際良く寝ているのになぁ~」
と思うことってないですか?

その理由は睡眠時に分泌される成長ホルモンの分泌量が不足し
ているのが原因です。

成長ホルモンはストレス疲労や肉体疲労の両方を回復する働きを持つ
ホルモンなんですが、加齢によって分泌量が減少してしまうので、

回復量が落ちてしまいます。

12545465

このように下がってしまうので、分泌を促して増やしてあげる
必要性があります。

分泌を増やす効果的な方法は2つです。

 

・食事で増やす

・サプリで増やす

 

この2つになります。

 

食事で成長ホルモンを増やす!その食材は?

 

WS000048

成長ホルモンはアミノ酸成分(アルギニン)で分泌を促すことができるので、
アルギニンが入った食材や製品を積極的に摂取ると効果的です。

中でも含有量が多いのは大豆製品です。

・豆腐

・納豆

・大豆

・高野豆腐

・味噌

この食材や製品に多く含有されている傾向にあります。
寝ている時に分泌活動が始まるので、夕飯時に納豆を取り入れるのも効果的!

 

サプリで分泌を促すとは?

5f3293700f6375546357da1c4d9cb4f4_s

内容通り、「アルギニン」で分泌を促すことができるので、
アルギニンが含有されたサプリメントを摂取するのが効果的です。

精力UP視点でお伝えするならトンカットアリがおすすめです。

というのも、トンカットアリはアルギニンも沢山含有されているからです。
それにホルモンバランスの調整も行ってくれるので、

下がった成長ホルモンの分泌も調整し促してくれますよ。

疲労だけの回復を目当てとするならマカでも十分かと思います。
サプリの場合は寝る直前の摂取がオススメです。

理由は寝ている時に分泌が活発化されるので、

活発時の分泌を更に活発にして効果を高めることができます!
就寝時は1日の内で一番吸収もいいですしね^^

精力増進のためにも疲労回復は必要なことです。

是非試してみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です