ムラムラ感が上がると勃起の持続力も上がる!


朝日

持続力って精力が減退すると同時に段々と薄れてしまうものですけど、ムラムラ感が上がると持続力も同時に増強できるのはご存知でしょうか?

ムラムラ感って他にいろんな表現の仕方がありますが、性的欲求であったり性的興奮であったりがそれにあたるかと思います。今一番有名なAV男優もある番組で言ってましたけど、「興奮しないと男性は勃起もしない」ですし、それを維持することも難しいんです。

セックスしたくてしたくてたまらない時の勃起状態っていつもよりも固くて、勃起の持続時間も長く、
そんな時に感じる感度や興奮度でかなり高いですよね?大学生くらいまではそんな状態でセックスできる時も多かったはずですが、

歳を重ねることでどんどん減ってませんか?

原因はテストステロンの低下による精力減退が原因だそうです。

 

テストステロン増加でムラムラ感と持続力は上がる!

テストステロン図

テストステロンは加齢することで下がってしまのはご存知ですよね?下がってしまうと性的興奮を感じる度合いや欲求感も減ってしまうので、勃起力も下がるし、それを持続する力も低下してしまうそうです。興奮を感じて一酸化窒素を生成して勃起させる能力が薄れてしまうのですが、

逆にテストステロンを増やすと作られる興奮度が上がり一酸化窒素の生成力も増加して勃起力と持続力も上げることができるんですよ^^

 

どうやって上げればいい?

・筋トレする
・サプリで補う

 

やはりこの2つが有効な手段です。筋力や筋肉を増やすとテストステロンの分泌量を上げることができますし、トンカットアリが入ったサプリを飲むことで分泌を促すことができるので効果的なんですよ^^

しっかり2ヶ月も続ければ勃起力は増強され持続力もしっかり上がってくれるので、持続力を上げたい人におすすめ!それにムラムラ感もまして、いつもよりも集中したセックスをできるので、セックス後の満足感も全然違ってきますよ^^

参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です